不動産賃貸業

賃貸派のアラフォー夫婦が住宅購入を検討してみてよかったこと

アラフォー家族が住宅購入してみることにした
不動産賃貸業開始まであと1年

こんにちは、株歴8年目の兼業投資家ママブロガーつんつん(@ZPuriko)です。

家族の人数に合わせて柔軟に住み替え一生賃貸で過ごす予定でしたが、方向性を変えまして住宅を購入しようとしてます。

つんつん
つんつん
不動産賃貸業開始まであと1年しかない!停滞中の不動産賃貸業の勉強のきっかけにもなるかなと思って

我々のようなアラフォー夫婦でも住宅が買えるのか?の不安払しょくのために素敵な物件を紹介してくれたハウスメーカーとFPに相談してみました。

この記事は、こんなことについて書いています。

  • アラフォーママ40代で住宅購入を検討してよかったこと
  • FPにライフイベント表とキャッシュフロー表を作ってもらって勉強になったこと

私の周り(友人・職場)では、結婚したら住宅を買う人が多く20代後半でローン組んで自宅購入して60歳までにローン完済するのが主流なので、寿命が伸びて老後が長くなっているとはいえ、ずいぶん仕掛りが遅い印象を受けると思います。

40代から自宅購入検討を始めるって、40歳で35年ローン組んだ場合、75歳で完済というシミュレーションになりますもんね。

アラフォーで住宅購入を検討してよかったこと2つ

アラフォーで住宅購入は遅いのか

我が家は夫:40代会社員、妻の私:ぎり30代の会社員、子供:年長、2歳児の4人で賃貸住まいです。

詳細のプロフィールはこちらをみてね!

アラフォーで住宅購入検討してよかったと思ったことは以下2つ。

  1. 家族構成が決まっているから今後のライフプラン・資金が計画しやすい

(例えば、夫が退職予定の65歳時点で末子が大学院に行っていたとしても学費を払う時期は終わっている)

  1. 無駄なスペースを買っていない

(例えば、夫婦2人の期間が長いのに余らしている部屋がない。家族にあったサイズの家に住めている)

FPに教えてもらってよかったこと2つ

我が家に合ったローンの組み方を教えてもらえた

・ペアローン

・変動金利向き

金利が上がったら返せばいいだけの資産がある/資産形成の見込みがある

・団信特約は向かない

特約:癌になった場合の保険

特約が気になるなら、団信の金利の中に組み込んで金利を上げるより個別でがん保険に入る方がよい

・繰り上げ返済は向かない/頭金は入れない方がよい/借入35年がいい

①14年目以降が金利(仮に0.5%)よりも運用益がでる

②子供が小さいうちは手元に資金を残しておいた方がよい

それぞれの家族に合ったいろんなローンの組み方が存在する!

夫婦で将来について考える機会ができた

90歳、100歳まで生きる前提でライフイベント表とキャッシュフロー表を作成してもらったので、

仮に長く生きた場合の残りの年数を可視化することができました。

退職してからこんなにも長い年月生きる可能性があるんだなぁ、と。

つんつん
つんつん
夫と、子供たちと今の世界で一緒にいられるのは、最大でこのくらいなんだな、と。一日一日大事にしなきゃな、と。夫に「人生は有限である」ことを改めて感じてもらえたのではないかな。
アラフォー共働き夫婦の源泉徴収から気付いたファミリーキャリアの共有
40代共働き夫婦が源泉徴収をきっかけに考え始めたファミリーキャリアこんにちは、株歴8年目の兼業投資家ママブロガーつんつん(@ZPuriko)です。 源泉徴収を確認する機会ってありますか? 年...

FPに相談したことによって、将来のお金の不安が明確になったこととしては、

  • 退職金がいくらもえらえるのか?
  • 介護費用はいくら見込めばいいのか?(これ・・・ほんとに未知数で心配のたね)

退職金については、夫婦それぞれ会社の就業規則を確認。勤続25年からもらえる金額が増えることは確認できた!

介護費用は、義両親と話機会を作らなければ払しょくできません・・・

賃貸で過ごした我が家がハウスメーカー営業に言われて不快だったこと

見ていた物件を建てたハウスメーカーは地震に強く、地震に強いから地震保険の保険料も半額・・・など、とてもいいハウスメーカーに出会えたなと思ったんです。

見ていた物件がダメでもこのハウスメーカーで家を建てたい!とまで思っていました。

ですが、佳境に入っていくと、

「物件を見送ることは現状維持ではなく、家探しの延長料金を年間数百万(家賃分)支払っているという認識を持つべき」と営業マンに言われたことがとても不快に感じてしまい、亀裂となり。。。

物件の購入を見送りました。

「そうだな、家を買うまでの年間の家賃分もったいないよね」とはならなかった。

もったいないもったいないと思いながら今の住居に住んでるわけではないので。

何が言いたいかというと、

営業の追い込みって繊細かつ重要な工程やな、ということと、

やらなきゃもったいないとかしなきゃもったいないって背中を押すときに使ってしまいそうになるけど、相手にとってはそうなのかな?そうではないんじゃ?

相手には相手の価値観があるよ、押し付けちゃいけないよという、住宅購入は関係ない学びがありました。

まとめ アラフォー夫婦が自宅の購入検討でわかったこと

買うなら若いうちに買った方がいいといわれる住宅ですが、アラフォーで住宅購入検討をしてみて若いころ買っていればよかったかもとも言えるし、そうも言えないかなと思いました。

ただ、アラフォーで住宅購入でも遅くないとは思った。

家族構成が決まってから買う方がお金やライフプランが立てやすく見通しやすい場合もあることを実感中です。

住宅購入、不動産賃貸業・・・我が家のおうち系はどうなっていくのでしょうか。

こうご期待!?

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!