自己投資

マイナポイントの予約申込み手続きを簡単にしたいならローソンがおすすめ

マイナポイントスポットのローソンでの申請手順

こんにちは、株歴8年目の兼業投資家ママブロガーつんつん(@ZPuriko)です。

だいぶ旬が過ぎててしまい出遅れ感満載ですが、マイナポイントの申し込みをしました!

みなさん、予約申込みは完了しましたか?

マイナポイントは3月31日までにマイナンバーカードを取得する必要がありますが、

2021年3月末までにマイナンバーカードを申請した方は、マイナポイントの対象となります。

この記事は、すでにマイナンバーカードを持っている人でこんな人におすすめの記事です。

  • マイナポイントを簡単に・さくっと申し込みたい
  • マイナポイントを申し込みたいが、スマホが対応機種であるかの確認が面倒臭い
  • マイナポイントを申し込みたいが、マイナポイントアプリのエラーの対応が嫌

スマホやPCでマイナポイントを申し込めますが、申し込みがうまくいかない人・エラーの対応が面倒くさい方は即、お近くのローソンへ行くことをおすすめします。

せっかくのポイントゲットのチャンス、ぜひ申し込んでみてください!

そもそもマイナポイントとは何ぞや??という方は、こちらの公式ページをご確認ください。

せっかくもらえるもんはもらっときましょー!

スマホでスキャンエラーが出たらローソンでの申請がおすすめ

マイナポイントスポットのおすすめはローソン

マイナンバーカードをすでに持っている場合、マイナポイントアプリをダウンロードして申し込むことができればローソンに出向かなくてもOKです。(スマホ、PCで完結)

私の場合、スマホでマイナポイントアプリはダウンロードできたのですが、マイキーIDというIDの発行ができずでした。

(「ICカード通信制御エラー」というエラーがでてしまい、このエラーを解決する気力が数か月たっても沸いてこなかった・・・)

私のようにエラーが出てしまいマイナポイントをあきらめようとしている方がいらっしゃれば、すぐにローソンへ行ってもらいたいです。

ローソンでの手続き、ほんまに簡単です。

私はローソンで手続きしましたが、市町村や郵便局などでも申請はできます。

なんと、マイナポイントスポットって9万か所もあるんですって。

私のようにスマホ申請でエラーが出たり、対応するスマホやパソコンがない場合、近くの市町村や郵便局・コンビニなどに設置されたマイナポイント手続きスポットを利用することができます

【簡単】ローソンのマルチコピー機でマイナポイント申込みをする方法

簡単マイナポイント申込みをローソンで実施

準備するものは下記4つ。

  1. マイナンバーカード
  2. 数字4桁のパスワード(暗唱番号)
  3. 決済サービスID
  4. セキュリティコード

①、②はマイナンバーカード関係。➂、④は各決済サービス関係。

各決済サービスで確認方法が違うので要注意!

決済サービスIDの確認方法はこちら

ローソンに行く前にやることは下記3つ。

  1. あらかじめもらいたいポイントの決済サービスを決めておく
  2. 決済ID・セキュリティコードを確認しておく(ローソンで入力できるようにしておく)
  3. お近くのローソンへ行く

①あらかじめもらいたいポイントのキャッシュレス事業者を決めておく

自分の分、子供達二人の分の計3名分私が申し込みをしました。

3人とも私名義のキャッシュレスサービスのポイントをもらいます。

私の分:最近とても贔屓にしている d払い (お買い物)

子供1: paypayチャージ

子供2:メインカードの楽天カード

つんつん
つんつん
普段よく使っているキャッシュレス決済サービス上位3つを選んだよ!

②決済IDとセキュリティコードを確認しておく(ローソンで入力できるようにしておく)

各決済サービスの決済ID・確認方法はこちらにまとまってます!すごい!

下記の3画像はマイナポイントのHPから画像をお借りしています。

私の分:最近とても贔屓にしている d払い (お買い物)の決済IDとセキュリティコード確認方法

d払いマイナポイント決済ID確認方法

子供1: paypayチャージの決済IDとセキュリティコードの確認方法

paypayマイナポイントの決済ID確認方法

子供2:メインカードの楽天カードの決済IDとセキュリティコードの確認方法

楽天カードマイナポイント決済IDの確認方法

【マイナポイント予約申込】ローソンのマルチコピー機の操作ポイント

マルチコピーを使い慣れていない私が一瞬止まったポイント2つ

  • マルチコピー機とロッピーを間違えて(笑)、ロッピーで申請しようとした →ロッピーではなくマルチコピー機です
  • マルチコピー機のトップ画面では「マイナポイント」の文字が表示されていない →「行政サービス」をタッチすればOK

下記のようなトップ画面です。

マイナポイントローソンで申請の仕方

ローソン公式HPより画像をお借りしています マルチコピー機の行政サービス

マルチコピートップ画面のタッチパネルの「行政サービス」をタッチからスタート。

続きは、ローソンでのマイナポイント手続きの手順をご確認ください。

タッチパネルの画像付きでとってもわかりやすいです。

私はマルチコピーの操作はしたことがなかったけど、できたので、マルチコピー機操作をしたことがない方でも問題なくできると思いますが、

たまたまマルチコピー機の待ち行列が焦ってしまうといけないので、ローソンのマルチコピーをマルチコピー機を使ったことがない方は手順を確認してから行った方がいいかもしれません。

一連の流れを頭に入れておくとどんな情報が必要なのかっていうのが分かるし、焦らなくてすむのでスムーズに手続きが出来ます。

マイナポイントは子供の分も親名義で申請できる

子供の分のマイナポイントを申請するといったって、子供たちは決済サービスを使っていないので、だれ名義の決済サービスで申請すればいいの?と私は頭を悩ませていたんですが、

悩む必要なし。

規約上、本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。(マイナポイント利用規約第5条)
ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。
実際に、私の各決済サービス業者の決済サービスID・セキュリティコードで問題なく申請できました。

マイナポイントはローソンでの申込みが超簡単

自分のポイントだけでなく、お子さんがいらっしゃればお子さんの分のポイントももらえるので、やっておいて損はないかも。

せっかくのポイントゲットのチャンスなので3月31日までにマイナンバーカードを申し込んだり、既にマイナンバーカードを持っている方はローソンへ行ってみてください!

1人あたり5分もあれば、完了です。

スマホエラーに対応しなくてもマイナポイント予約申し込みができるローソンがおすすめです!

error: Content is protected !!