投資の失敗談

子育て中のママがCFD取引をやってみて自身の投資適性と傾向を自覚した話

子育て世代がCFD取引での失敗から学んだこと

良さげな投資があったら何でもとりあえずやってみて自分に合っているかを試してみたい!好奇心旺盛な株歴7年目のつんつん(@ZPuriko)です、あけましておめでとうございます。

投資において好奇心旺盛な私が出会ったCFD取引ですが、CFD取引開始後、たった6日間で投資金額が半分になってしまいました。

寝ている間に全てロスカットされ10万円が5万円になったんです。

唯一の救いは大金を入れていなかったこと。

「規制は解除されているか?」「ロスカットまで行ってないか?」そんな心配で寝れなかった数日間とお金の損失のお陰で、自分自身が知らなかった自分の投資における性格を自覚することができました。

この記事は、

  • 投資(CFD)における失敗談を知りたい人
  • 自分自身に合う投資や合わない投資を探っている人
  • CFD取引をしている人

の参考になれば嬉しいです。

失敗した経験を元に自分に合っている投資なのか否かを一度立ち止まって確認してみるのは大切なことだと感じました。

収入があって失敗できるうちに色んな投資を経験して、自分に合っている投資を模索していきたいと思います!

CFD取引って知っていますか?

CFD取引とは・・・

英語表記「Contract for Difference」の略で、「差金決済取引」のこと。
証券会社などの取引業者に証拠金(担保)を預けて、実際に原資産(株式など)に投資するのではなく、原資産の価格や指数を参照して買値と売値の差損益部分を決済する金融商品です。インターネットでの取引が中心で、取引所を介さない取引業者との相対取引となります。取引できる銘柄は、日本株、海外株、株式指数や株価指数先物、為替、商品など広範囲で、売りから入ることも可能です。レバレッジ(てこの原理)を効かせることで、証拠金の何倍もの取引ができるため、小さな資金で大きな利益を得る可能性がある一方で、多額の損失が発生するリスクがあります。株式の現物取引での差金決済取引は金融商品取引法等で禁止されています。

大和証券 金融・証券用語解説より引用

このような金融商品です。

子育て中のママがCFD取引をやってみた結果

インスタでCFD取引について得た情報を参考に、すごく魅力を感じてCFD取引を始めてみました。

結果的には私にこの投資は合っていませんでしたが、合ってないと自覚する機会があってとても良かったと思っています。

夜間取引に魅かれてCFDを始めてみた

2018年6月 GMOクリック証券のCFD口座を開設。軍資金10万円を入金。

入金をしたまま放置、第二子出産。秋になりました。

出産後、第二子が夜中も起きてしまうので、目が覚めてしまうタイミングで夜中にも取引できる投資であるCFD取引をやってみることにしました。

つんつん
つんつん
ほんと、寝てればいいのに・・・

あと、株と違って信用取引の手続きが要らず「売り」ができるので、「売り」を経験してみたくて。

入金した金額が半分に減少!CFD取引のメリットは?

私が感じたCFD取引のメリット

  • 小額で投資できる
  • 米国銘柄に投資できる
  • 売りからも買いからも取引できる

AmazonもVISAも現物でいつか買いたいと思っていた銘柄で、小額で投資できることに魅かれて購入しました。

つんつん
つんつん
見るも無残、一瞬で吹き飛びました!

購入したもの

Amazon -22,666円の損失
VISA -8,000円くらいの損失(詳細の履歴がなくアバウトです)
日経225 -17,524円の損失
米国VI -1,612円の損失
合計損失 おおよその損失-49,802円

 

ちょうど米国株の調整期に差し掛かった時、日経平均の下落もキツかった時期で、取引開始のタイミングも悪かったとは思います。

何のためにロスカット値を設定したかわからない状態で、ロスカットを防ぐために、ロスカット値を上げ下げするため資金を追加入金していくのが、地獄でした。

ロスカット(強制決済)とは損失額を確定すること

損切ができない私は、このような取引は向いていないのだと感じました。

子育て中のママがCFD取引を通して得たこと

約5万円の損失は痛かったですが、得ることもありました。

自分にとって無駄だと思うことが明確になったし、寝る時間は寝る!穏やかに過ごせる投資をしたいということにも改めて気づかされました。

CFD取引で子育て中のママである私が感じた無駄

CFDのポジションを持っている時は、とにかく取引状況が気になってしまって、落ち着きませんでした。

  • ロスカットに怯えてCFDのアプリばかり見ている
  • CFD取引をしている人がどうしているか気になってSNSを覗く
  • ドキドキしたり焦ったり穏やかでいられない

子育て中のママである私の教訓と気付いたこと

CFD取引をした結果、得た教訓
  • 夜中にドキドキして眠れない取引はしない

→翌日の育児や仕事に差し支えたら意味ない

  • 企業の応援にならない投資はしない

→自分のモットー(企業の応援をするための投資)を大切にする

  • レバレッジをかけた投資はしない

→小額でできても、私の身の丈に合っていない

 

CFD取引をした結果、気付いたこと

  • 「売る」タイミングがわからない

経験値がないのとセンスがないので、「下がる」という予測ができません・・・

  • ロスカットされた後、取り返す闘志が湧かない

ロスカット後、損した分を取り返したい!という気持ちになりそうなものですが、その気持ちが湧かないので、損したままです。

(これ以上、睡眠を削りたくない、時間を無駄にする可能性があることを避けたいのかもしれません。)

教訓の中の一部は、子育てで忙しい子育て世代に共感してもらえるのではないでしょうか。

寝れる時くらいゆっくり寝たいし、穏やかでいたいですよね(笑)

色々な投資を体験して、自分に最適な投資を見つけよう!

まとめ

自分に合う投資、合わない投資を見つけたり、自分の投資をする上での性格って経験して初めてわかってくるものだと思います。

私自身はCFD取引の経験を経て、自分はゆっくりこつこつと企業を応援できる投資を中心に農耕型で投資をして行くのが合っていると改めて感じました。

ただでさえ忙しい子育て中なんだから、夜くらいはゆっくり寝たい!(切実)

つんつん
つんつん
睡眠>お金

失敗を積み重ね、経験値を上げながら、資産運用を楽しもー!

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!