子育て

大塚国際美術館を子供と一緒に楽しむ!関東から羽田発で行ってきた

羽田発なら近い大塚国際美術館へ子供と行ってきた

こんにちは、株歴9年目の兼業投資家ママブロガーのつんつん(@ZPuriko)です。

親子そろっていきたかった場所「大塚国際美術館」へ行ってきました。

大塚国際美術館は、

  • 米津玄師が紅白で歌を歌った場所
  • 大塚グループの地域貢献活動(文化振興)として運営されている場所
  • 世界の名画の陶板版を原寸大で見られる場所

です。

米津玄師が歌ったシスティーナホール

ほんとにすごいスケールの美術館です。広さも、美術作品の数も・・・圧巻!

子供たちに美術作品のスケールを感じてもらい美術作品に興味関心をもってもらういい経験になったし、私自身は美術作品をたくさん見ることができて海外に行った気分になりました。

この地図は大塚国際美術館の現在地マップ。

私は大塚国際美術館のある鳴門の土地勘はなかったんですが「大塚国際美術館って、徳島の端っこにあって、こんなに淡路島に近かったのね・・・!」とびっくりでした!

関東から徳島は、遠くいよなぁと行くのに気合がいりましたが、自分が思っているほど遠くなかったです。飛行機ですぐ!

羽田発大塚国際美術館へ行く方法2つ

大塚国際美術館までのアクセス羽田発

阿波踊り空港着 路線バスでいく方法

羽田空港から直行便で徳島阿波おどり空港に入り大塚国際美術館へ行く方法。

阿波おどり空港から30分くらい路線バスに乗って到着。海が見えてテンション上がりました。

あと、株を始めたころから夫が大塚ホールディングスの株主なので、ホームに来た感じ!?大塚グループの大きい広告がでていてテンションが上がりました。

羽田発徳島着のANAの片道航空券は大人で3万円越え・・・。

家族で行こうと思うと結構大きな出費ですよね・・・。

今回は、旅費削減のため金券ショップでANAの株主優待を買ってみました。安くなっておすすめです。

株主優待購入額:片道2,300円/一人

大人一人子供二人の3名で55,410円支払うところ、株主優待利用で34,260円になりました!株主優待を購入したコストはあれど1万円ほど安く飛行機にのることができました。

これを機に、ANAの株を買って株主優待をもらうことを決意。

全日空の株主優待

3月・9月権利で、100株以上保有で、国内線搭乗優待もらえます

神戸空港着 淡路島経由で高速バスに乗っていく方法

羽田空港から神戸空港着、淡路島経由で徳島に入る方法。

少し時間はかかりますが、地図を見てわかるように大塚国際美術館の場所は淡路島に近いんです!

羽田空港から神戸空港に行くなら、再上場したスカイマーク利用が安くておすすめ!

参考までにスカイマークの運賃です。いま得は、変更不可だけど更に安くておすすめ。

※スカイマーク公式HPから画像をお借りしています。

羽田空港発神戸空港着スカイマーク飛行機搭乗料金
  • 神戸空港から高速バス

【楽天トラベル】高速バス予約 - 大塚国際美術館入館券引換証付き バス旅おトクきっぷ(神戸発着) ※対象路線は詳細にてご確認ください (rakuten.co.jp)

  • 神戸空港からポートライナーで三宮。三宮から高速バス

大塚国際美術館入館券引換証付き高速バス往復乗車券を発売します!|神姫バス株式会社 (shinkibus.co.jp)

明石海峡大橋を渡り、淡路島を横断して、鳴門海峡を渡る経験もできて楽しいですね!

スカイマークの羽田空港発神戸空港着は、日時にはよりますが大人16,000円以内で行けます。いま得で予約するともっと安い!

大塚国際美術館入場料はオンライン前売り券が安い

大人 前売り券 3,160円 当日券 3,300円

大学生 前売り券 2,140円 当日券 2,200円

小中学生 前売り券 530円 当日券 550円

オンラインチケット、全国コンビニチケット、前売券取扱所の3つでチケットが購入できます。

そんなに割引率はそんなにで、ちょっと安いくらいです。

私の調べた限りでは、アソビュー!やら福利厚生サイトやらいろいろ見てみましたが、大塚国際美術館の割引クーポンはなく、前売り券が安いです。

大塚国際美術館を子供と楽しむ事前準備

びじゅチューンテレビ番組とDVDで美術作品を知る

大塚国際美術館を子供たちと一緒に楽しめるように、仕込みをしました。

仕込み物はこちら

  • るるぶ びじゅチューンの旅の本
  • NHK Eテレ びじゅチューンの番組
  • 不定期でやっているNetflixでびじゅチューン
  • びじゅチューンDVD

Eテレでやっているびじゅチューンは、「びじゅチューン」、「MIXびじゅチューン」、「びじゅチューンコンサート」を予約録画していていつでも見れるようにしています。

私自身、学校で習ってもいまいち楽しめなかった美術ですが、びじゅチューンは、美術作品ってこういう見方や味わい方があるのか!と教えてくれた、まさに美術と友達になれた番組です。

子供たちもびじゅチューンの音楽と絵にどハマり、びじゅチューンで紹介された美術作品をたくさん覚えています。

びじゅチューンDVDは保育園自宅自粛期間の度に1巻ずつ追加購入して、子供たちにDVDを見せながら仕事してた自粛期間の思い出でもあります。

図書館で美術作品コーナーで美術作品掲載の本を探す

プラスアルファで、子供たちと図書館に行くときに、

図書館の美術コーナーで、びじゅチューンでやっていた美術作品の載っている本を探してみるということも続けてました。

「この絵、知ってる!」だけでなく、「この絵、知ってる!落穂ひろ子だよね!」とびじゅチューンの作品名までいえるようになります。

上の子は、びじゅチューンの作品名と併せて本当の作品名までも頭に入っていてすごい!と感心しきりです。

子供と一緒に大塚国際美術館を楽しむ

大塚国際美術館でびじゅチューンでやってた作品を探してみる

びじゅチューンのモデルとなった作品を陶板で30点一気に見れるという大塚国際美術館。 地下3階から地上2階までという広大な敷地面積で、子供たちは疲れないか、飽きないか正直心配でしたが、館内は記念撮影OKなので名画の前で写真を撮ったり、作品探しをして楽しみました!

すごくいいポイント

  • ガイドブックにも書いてあるんですが同じ作者の名画が一度に見られる
  • 美術作品の実際の大きさが再現されている

るるぶの中にびじゅチューンのモデルとなった作品が掲載されているので作品リストを見ながら本作品を美術作品を探すということを子どもたちは楽しんでいました。

大塚国際美術館子供も鑑賞

私が展示フロアの案内しおりを見ながら展示フロアごとに「ここら辺にあるかも!?」とおおよその場所へ誘導していきました。

るるぶにちゃんとチェックボックスを子供が作っていたことにはとても感心。

るるぶびじゅチューンにチェックリストつける

何見たか、思い出に残るし、チェックが埋まっていくと楽しい!

館内にたくさんソファーがあるので、ソファーに座ってチェックできます。

私たちの来館した日は、開いているカフェが一つだけでした。

(期間限定で開いているみたいなので公式HPチェックです)

レストランガーデンというところでランチを食べました。

行ってみたかった黄色いカフェフィセント地下3階はお休みしてました。

ゴッホの部屋を再現した写真撮影スペースは開いていました。

大塚国際美術館写真スポット

11時半ぐらいから美術館を回って16時の宿泊先からのお迎えまで、結構長時間だったので4歳児の息子は途中抱っこもしましたが、基本的には作品を探すことに夢中!

改めて、事前にやっていた予習をしていたおかげで楽しめたんだと思います。

大塚国際美術館グランド・ジャット島の日曜日の午後

大塚国際美術館に入る前にあってよかったもの

  • 100円投入後返却されるコインロッカー
  • スマホ充電スタンド

羽田から荷物が多くても大丈夫。美術館入り口に100円入れると返却されるコインロッカー

充電スタンドは無料。

大塚国際美術館充電スタンド

大塚国際美術館内に飽きてきたらお庭で遊ぼう

美術作品鑑賞に飽きてきたら、休憩もしましたが、子供たちが庭で遊びたがり、

ゲルニカを見た後に、庭に出ました。こちらも広い。子供たちは走り回っていました。

日光浴のできそうなイスとブランコもあります。

大塚国際美術館ついでに鳴門観光を楽しむ

鳴門観光

大塚国際美術館のついでに鳴門観光を楽しみました。

  • 大型観潮船わんだーなるとに乗って渦潮を見に行った
  • エスカヒル鳴門で長いエスカレーターで絶景展望台へ行った

私は小さい頃から船に乗って祖父母の家に行くことがあったので頻度高く船に乗る機会があったんですが、今回子供達は初めて船に乗るという経験をしました!確かに陸上に住んでいると船に乗る機会ってないか。特に船酔いをすることもなく乗船を楽しめた30分でした!

大塚国際美術館も、鳴門観光も公園遊びも予習をするといい経験ができるを「アウトドア脳育」という本で学んでから、予習をするようにしてます。

鳴門観光前に子供たちと予習をしたのは「辞書びきえほん 日本地図」という本です。

徳島県は日本のどこにある?鳴門ってどこにある?渦潮ってどんな?を事前に一緒に調べていきました。

子供たちは徳島から帰宅後に、本を開いて復習してましたよ。

鳴門での宿泊先

鳴門渦潮崎温泉 ベイリゾートホテル鳴門海月 に宿泊しました。

お部屋からも大浴場からも朝食を食べるレストランからも鳴門大橋を見ることができます。

特に朝日と鳴門大橋のコラボは最高でした。

鳴門海月から見た朝日

このホテルはちょっと大塚国際美術館までは距離がありますが、宿泊者が利用できる無料シャトルバスをうまく活用。

最後に、羽田から3時間程度で、海外に行った気分になりました。

次は、びじゅチューンコンサートをやっているときに大塚国際美術館に行きたいです!

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!